リノベーションと女性をつなぐWEBマガジン サポーター企業募集

古民家鑑定士

古民家鑑定士とは、内閣府認可 一般財団法人職業技能振興会により、古民家の評価をすることを目的に創設された資格です。                                                      「総論」「伝統構法」「在来工法」の3科目に分かれていて、試験結果に応じて、一級、二級の古民家鑑定士の資格が付与されます。

「古民家鑑定士」資格DATE

資格取得の難易度
平均年収 300万から400万円程度
活躍できる就職先

住宅・不動産・リフォーム

「古民家鑑定士」とは?

。古民家鑑定士

「古民家鑑定士」資格取得のメリット

解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、日本の住文化をユーザーに解りやすく伝え、古民家を調査し、「古民家再生総合調査報告書」に使用される古民家鑑定業務を担います。

「古民家鑑定士」は、こんなリノベガールにおすすめ

古民家や古材・古瓦など伝統的な建築や資材に興味のある方にお勧め

関連資格

○インテリアコーディネーター
○インテリアプランナー
○インテリアデザイナー
○リフォームスタイリスト

 

「古民家鑑定士」資格試験ガイド

資格名称

古民家鑑定士

受験資格

20歳以上の者。性別・学歴等の制限はありません。

試験時期

試験開催地によって試験日等が異なります。

試験形式・内容

全60問のマークシート方式による二者択一。試験時間は50分間

合格基準

合格率に対応した得点が合格基準点に設定されていると推測される。

合格率

75%程度

学習期間の目安

「古民家鑑定士認定講習」を受講することがおすすめ。

試験会場

全国各地

試験実施団体

財団法人 職業技能振興会

受験料

9000円

資格の更新

3年ごとに更新が必要です。

給付金制度

なし

備考

TOP

お問い合わせ先

財団法人 職業技能振興会 TEL:03-3353-9181